乳児湿疹に要注意|大切な我が子を守るには

赤ちゃん

良いものは便利

赤ん坊

赤ちゃんが生まれた時には、車に乗る際には、チャイルドシートが必要になります。チャイルドシートを選ぶ際には、インターネット上にある情報を参考に、事前に調査をしておくと便利です。最低限の機能を持ったものから、安全、安心を充実させた上に、取り扱いまで便利なものがあります。

赤ちゃんの湿疹

乳児

原因と対策

赤ちゃんが生まれて、生後2〜3週間くらいが経過してくると、顔や体にポツポツと赤い湿疹が表れることがあります。これを乳児湿疹と言いますが、乳児湿疹はほとんどの赤ちゃんが経験する皮膚のトラブルです。見た目は赤かったり、白いニキビのようなものがたくさん出たりしますが、一時的であることが多く、月齢が上がってくると、症状は徐々に改善する傾向にあります。乳児湿疹を発症する原因として考えられるのは、赤ちゃんの代謝が活発であることが挙げられます。赤ちゃんは大人と比べて代謝が活発である上に、よく汗をかきます。そのため、皮脂や汚れが皮膚に溜まりやすくなっており、その上、皮膚自体が薄くて弱いことが湿疹を多く発症させる原因となっています。また、他の原因として考えられるのは、母乳の質で左右されるということが考えられます。母乳育児をしている場合、脂肪分やカロリーの高い食事をした後に母乳を与えると、赤ちゃんに湿疹が多く増える傾向にあります。乳児湿疹を少しでも早く治すための方法としては、まず第一に体を清潔にするよう心がけることです。沐浴の際は、顔や首周り、脇の下などを石鹸でしっかり泡だてて洗うことが大切です。また、沐浴後は保湿ローションなどをたっぷり塗って、皮膚を保護します。そして、意外と重要なのが、赤ちゃんに必要以上に衣類を着せないことです。特に寒い時期に生まれた赤ちゃんは、親がたくさん衣類を着せてしまう傾向にありますが、基本的に赤ちゃんは暑がりなので、汗を多くかかせないということも湿疹予防に繋がります。

安全に与えるために

水

赤ちゃんに水道水を与える場合には、まずは10分ほど沸騰させて、カルキやトリハロメタンを除去することが必要となります。また、ミネラルウォーターを与える場合は、ミネラルの過剰摂取を防ぐために、硬度が低いものを選ぶことが大事です。昨今では、硬度0で体重にあわせて量を選択できるという純水も販売されています。

赤ちゃんの食事アイテム

哺乳瓶

赤ちゃんの食事である母乳やミルクを与える際に利用される哺乳瓶は、使い勝手も良くて大活躍してくれるアイテムです。哺乳瓶は種類や素材、デザインなどもバリエーションが豊富なため、選ぶ際にはそれぞれの特徴を見極めておくと便利です。