乳児湿疹に要注意|大切な我が子を守るには

赤ちゃん用品

赤ちゃんの食事アイテム

哺乳瓶

選び方とタイプ

赤ちゃんにミルクを飲ませる際に利用する哺乳瓶は、基本的にミルクを入れるボトル部分とミルクを吸うために赤ちゃんが銜えるニプルの二つに分けることができます。ボトルについてはサイズと素材がさまざまで、ニプルはサイズと素材以外にも穴の形状に違いが生じています。それゆえにそれらを総合的に合わせて考え、より使い勝手の良い哺乳瓶を選ぶと良いでしょう。まずボトルのサイズについては、赤ちゃんの成長に合わせて小さいものから大きなものへ変更しても良いですし、母乳メインか粉ミルクメインかによってサイズを考えるのも良いでしょう。素材に関しては、ガラスやプラスチック、シリコンなどがあります。しかし、それぞれにメリットもデメリットも存在しています。例えばガラスなら丈夫で長持ちしますが、重くて割れるという特徴があります。また、プラスチックは軽くて熱にも強いですが、それゆえにミルクが冷めにくいといった点が挙げられるのです。それゆえにそれぞれの特徴を考慮して、自宅では長持ちするガラスのものにしたり、外出の際は軽いプラスチックにするなど、状況に合わせて使い分けても良いでしょう。そしてニプルのサイズは成長に合わせて小さいものから大きいものへステップアップしていくとよいです。穴の形も最初は哺乳力が弱くても十分吸うことができる丸い穴から開始し、成長や赤ちゃんの個性に合わせて変更しましょう。最後に素材についてですが、これは消毒方法をメインに選ぶのが便利です。一度選んだ素材は最後まで使用し続けるようにしてください。なぜなら素材を途中で変更してしまうと、赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がってしまう可能性もあるためです。このように哺乳瓶を選ぶ際にはいろいろなポイントがあります。しかし、基本としては使い勝手の良さや成長に合わせるなどの考慮がメインであり、デザインなどは好みのものを選んでも、とくに問題はありません。